オイルの補充方法について
(三方活栓を利用する方法)


下記の説明はIM-9A / IM-9Bで、三方活栓を使ったオイルの補充方法になります。

シリアルナンバー:05076以降のIM-9A、およびシリアルナンバー:05432以降のIM-9Bには三方活栓が付属され、オイルの補充や気泡の取り出しが容易になりました。以前のIM-9A/9B(三方活栓が付属されていないタイプ)をご利用の方は、チューブ用金具(CI-3)を利用する方法をご参照ください。

※他の機種(IM-6、IM-5Bなど)についても、基本的には下記方法でオイルを補充することができます。

※別売にて、インジェクション補助セット:IM-AS-2(三方活栓とプラスチックシリンジのセット)もご用意しております。

※充填するオイル等は付属されていませんので、お好みのオイル等をご用意ください。


STEP 1

1. 本体シリンジ内の空気を排出して、保護カバーを取り外します。

操作ハンドルを時計方向に回して、本体シリンジ内の空気を全て排出してください。次に、保護カバー固定ノブを緩めて保護カバーを取り外してください。

STEP 2

2. 三方活栓を取付けます。

保護カバーを取外してから、本体シリンジとインジェクションホルダーセット(IM-H1)の金具の間に三方活栓を入れて接続してください。 接続はルアーロック式になっていますので、時計回りに回して接続してください。 本体シリンジに接続した時に三方活栓の固定位置が悪い場合はシリンジ固定ノブを緩め、本体シリンジを回転させて適度な位置に調整して固定してください。

STEP 3

3. 本体シリンジ内にオイルを充填します。

ディスポのプラスチックシリンジ等にオイルを入れてから、三方活栓のコックをインジェクター側に開き、本体シリンジ内にオイルを注入します。オイルを注入するときは、プラスチックシリンジを適度な強さで押しながら操作ハンドルを反時計方向に回してください。

オイルを注入したときに、気泡が本体シリンジ内に入っていると操作性に悪影響が出ますので、気泡の無い状態にしてください。

本体シリンジ内の気泡を取り除くには、本体シリンジ先端を上に向け、操作ハンドルを時計方向に回転することで、気泡をプラスチックシリンジ側へ移動させて排出することができます。

STEP 4

4. インジェクションホルダーセットにオイルを充填します。

三方活栓のコックをインジェクションホルダーセット側に開きます。

※出荷時にはインジェクションホルダー内にクリーニングロッド(ステンレス棒)が装着されています。オイルを充填する前には、クリーニングロッドは取り外した状態にしてください。

次に、プラスチックシリンジを適度な強さで押して、インジェクションホルダーセット側にもオイルを満たしてください。

その際にも、気泡がインジェクションホルダーセットのチューブに入っていると操作性に悪影響が出ますので、気泡は取り除いてください。

STEP 5

5. 三方活栓のコックを回してオイル注入口を閉じます。

プラスチックシリンジが接続されている三方活栓の接続口を閉じてください。

気泡が本体シリンジ内にあった場合は、コックを回して三方活栓から気泡を取り除くことができます。また、オイルの量が少なくなってしまった場合に、三方活栓から補充することが可能です。

戻る


Copyright © NARISHIGE Group. All Rights Reserved. 1999-2017