エラー対応表


注意

高温

電源がONの時には、ヒーター部には絶対に手を触れないでください。 ヒーターが発熱していないように見えても再現性を高めるための予熱が入っており、ヒーター部に触れるとやけどします。

以下の作業は必ず電源をOFFにし、電源コードを取り外して(5〜10分程経過して)発熱したヒーターと炉が完全に冷えてから行なってください。 また、作業がすべて終了するまで電源コードは取り付けないでください。(電源はONにしないでください。)


PC-10 (ver. 1.5)

エラー表示 原因 対処
E_01 ピペット製作開始時にスタートスイッチを押したときにスライダーが上限にない。 スライダーをしっかり上限まであげてガラス管を再度セットしてから、操作をやり直してください。
ヒーター部移動位置調整スライダー及び一段目終了位置調整スライダーに取付いている調整ブロックが斜めに固定されている。 固定ネジを少し緩めて、軽く調整ブロックを正面パネルに押し付けて固定ネジを固定しなおしてください。
E_02 No.1及びNo.2のヒーターの加熱量を調整するのに90秒以上かかってしまった。(内部保護回路動作中) スタートスイッチを押すとエラー状態が解除され、再度ヒーター加熱量の調整を行なう事ができます。
E_04 二段引き動作中に一段目終了が検出できなかった。 No.1ヒーターの出力が弱くガラス管が引けなかったと考えられるため、No.1ヒーターの出力を増大させて再度やり直して下さい。
E_05 二段引き動作中にヒーター部が下降しなかった。 本器内部構造のヒーター部昇降機能が不良のため修理が必要。
E_06 ピペット製作時に可動スライダーが下限まで下降しなかった。 No.2ヒーターの出力が弱くガラス管が引けなかったと考えられるため、No.2ヒーターの出力を増大させて再度やり直して下さい。
E_07 二段引き動作中にヒーター部が初期状態位置まで復帰(上昇)しなかった。 本器内部構造のヒーター部昇降機能が不良のため修理が必要。
E_08 二段引き動作で、一段引きの際にスライダーの落下するスピードが速く、ストッパーにぶつかり、弾んでいる。 No.1ヒーターの出力を下げる。又はオモリの量を調整して、一段引きの時のスライダー落下速度を下げる。
一段目位置調整プレートの位置を、10mm未満に調整してください。
二段引き動作中のストッパー動作不良。 本器内部構造のストッパーを動作させるソレノイドコイルの動作不良のために修理が必要。
E_99 ヒーター固定不良(接触不良)・ヒーター断線。 ヒーターを固定している固定ビスを強く締め付けて下さい。ヒーターが劣化し断線している場合は新しいヒーターに交換して下さい。

戻る


Copyright © NARISHIGE Group. All Rights Reserved. 1999-2017